« 蓼科・八ヶ岳 雪旅行 その1 | トップページ | 蓼科・八ヶ岳雪旅行 その3(ランチと本日のお宿) »

2008年2月 6日 (水)

蓼科・八ヶ岳雪旅行 その2(最初の雪遊び)

雪でいつものスピードは出せないものの順調に高速を下りる諏訪南インターに到着

ところが出口のところでピタッと止まってしまいました。

しばらくたってようやく動きだしました。

 

渋滞理由は上り車線(東京方面行き)がトラックの事故で閉鎖され、ここのインターで下ろされているため上下線の車の合流と料金所の出口が故障?で1つしか開いていなかったからでしたpout

 

ここからは昨年メルヘン街道まで開通したエコーラインという初めて通る道を行きます。

交通量も少ないので積雪が心配でしたが、しっかり除雪してありましたホッ。

 

スタッドレスははいているものの以前乗っていたタウンエースやカルディナと比べると

いまいち雪道での操作性に不安があるMPV。

気の張る運転のリサパパでした。

 

メルヘン街道に入ると一気に高度を上げていきます。

この日の最初の雪遊びポイントはこのメルヘン街道が冬季通行止めになるゲートのあるところに

ある「蓼科・八ケ岳国際自然学校」です。

標高1800メートルにある100ヘクタールの広大な(千駄刈の森」をスノーシューで散策するはずでした。

 

ところが歩き出してみると雪が深すぎて、おまけにふかふかの新雪なので、スノーシュを

はいた我々がはじめにラッセルをしたところでないとワンコ達が雪に埋まってしまいますcoldsweats02

 

それでも少し行ったもののラッセルするのは重労働で、リサたちは走りたくて前にでたがり

スノーシューで踏まれそうになったり、森の中の道も降り続く雪でわかりにくくなってきていて

迷う心配もあるので予定を変更して閉鎖された街道のほうに移動しました。、

 


 

溺れるといっても下は地面なので笑っている我々ですが、当のリサは必死でもがいています。

もがけばもがくほど沈んでしまうようで、そろそろ救出しようかなと思った頃やっと脱出してきましたhappy01

2005年に裏磐梯へ初めての雪旅行に行って以来の最高の積雪量です。

雪が多すぎても雪遊びは難しいのだと納得しましたsweat01

それでも圧雪した道路では爆走につぐ爆走sign01sign01 満足な3匹ですgood

その道を3.5キロほどいけば展望のきく広場があるのですが、こんな天気では眺望も

望めないし、続く緩い登りに早々にギブアップ気味の人(カメラをかかえて重装備の人)も

いたのでUターンして施設のあるところまで戻りました。

 

小屋の前には3・4個のかまくらが。

思っていたものより雪不足のせいで小さいです。


しっかり雪国の雰囲気だけは味わってランチをとるために、こちらを後にしました。

 

雪旅行の続きを楽しみにしてねwink

 

こちら↓もよろしくsign01sign01



 

おまけ画像ですwink

 


|

« 蓼科・八ヶ岳 雪旅行 その1 | トップページ | 蓼科・八ヶ岳雪旅行 その3(ランチと本日のお宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蓼科・八ヶ岳 雪旅行 その1 | トップページ | 蓼科・八ヶ岳雪旅行 その3(ランチと本日のお宿) »