« なんとも  長~い一日 | トップページ | 渚にて♪(ランチの思い出)98年夏 »

2006年4月30日 (日)

と~~~~~ってもいい子でした♪

 
 
先代犬のランチです♪
 
にゃんこのピッチ(故猫)とジルには敬意をはらい、腹ッぺらしのくせに
留守番中に、たとえ手に届く所に食べ物があっても食べません。
 
ダイニングとキッチンの間にしきりがあったのですが
なにかの拍子に留守中にキッチンに入り込み
戻れなくなりました。
帰宅し、みんなで発見!
ダイニング側から白い目で非難
それからは、しきりが開いていても
決してキッチンには入らなくなりました(爆)
 
叱られる事より悪い事で判断する秀犬でした♪(親ばか)
 
それでもヤンチャな子でしたので、留守中、おいたをしちゃった場合、
我々が帰宅した時のお迎え行動は・・・・・・・・
 
玄関で静かにお迎え・しっぽブンブン、落ち着かない
ばればれの態度
 
いたずらを見つけて『あれ~ッ』『あぁぁぁ~~』って
オーバーに驚いてみせるとスゴスゴ・・・・・・
その動作がおもしろく、つい、みんなで笑っちゃいました♪
 
当時は、冬はよく日帰りスキーに出かけていました。
ランチはお留守番
 
夜遅く帰ってくると玄関でお出迎え
本当は置いていかれたのを怒りたいのに
みんなに会えたうれしさが先にたち
うれしくって声も出ず、クルクル回ったり
歓迎・歓迎のあついお迎え
しばらくして、やっと声が出て
興奮のワンワンキャンキャンでした(かわッ)
 
夜10時頃、みんなに『ランチ、ねんねッ』と言われ
振り返り、振り返りしながら隣の寝室に
行く後ろ姿がと~ってもかわいかった
 
きょうも
虹の橋の向こうできっと、ファミリーを見守ってくれているでしょう

|

« なんとも  長~い一日 | トップページ | 渚にて♪(ランチの思い出)98年夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとも  長~い一日 | トップページ | 渚にて♪(ランチの思い出)98年夏 »